業績見通しのブレを1%以内に!プロセスの一部を初公開

業績管理クラウドシステム導入内容の一部を先着30名様に
オンライン動画にて限定公開!業績見通しのブレが1%未満となった
上場企業のインタビューレポートもプレゼント。応募期限は7月3日まで

Shearwater Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:バソ・バティスト)は、提供している業績管理クラウドシステム「Workday Adaptive Planning」(以下、Adaptive)の導入内容の一部をオンライン動画として先着30名様に限定公開致します。また、こちらの先着30名様には、実際に業績見通しの誤差が1%未満となった企業のインタビューレポートもプレゼントいたします。

特典

◆そもそもなぜ、業績見通しの精度はブレるのか

その大きな理由は、以下の要因が大きいです。

(1)市場の変化が早くなり、ビジネスのライフサイクルが短くなっている

(2)それに伴い企業の組織再編も多くなり、業績見通しに関するデータ収集が複雑化している

(3)売上はSFA(Sales Force Automation)やCRM(Customer Relationship Management)といった営業管理システムの普及で売上見通しの精度を上げる企業が増えて来ているが、企業内部のコスト管理(特に人件費など)までシステム化が至っていないことが多い

現在多くの企業では予算編成、見通し予測、実績管理作業はエクセルを使って行われておりますが、多くのエクセルファイルを収集し合算する作業では、業務負荷が高く効率の悪いため、正確な業績見通しの数値を出すことが難しくなっております。

特に企業のコストの中で大きな割合を占める「人件費」の管理は、組織変更の多さや、働き方の多様化(正社員、契約、派遣など)などにより管理が複雑化しております。

結果として、利益を含めた業績の見通しのブレが大きくなり、経営層は精度の悪さにフラストレーションを抱える日々を過ごすケースが目立っております。

◆なぜ人件費はシステム化されにくいのか?

企業内部のコスト管理で特に人件費がシステム化されにくい理由は下記の通りです。

(1)人事給与システムに、将来予測の機能が無い

  →確定した人件費の正確な計算に、人事システムは重きをおいている

(2)期中に発生する組織変更にシステムが対応できない

  →バージョン管理という、その時々のデータを別に管理できない

(3)派遣、契約社員の人件費管理に対応できない

  →正社員以外の人件費の管理はエクセル対応が多い

結論として、毎月の業績見込みの要素である人件費管理は業務がシステムにのらず、アナログ管理している企業が多いのが実態です。

◆人件費予測をシステム化することへの効果は?

そこで、我々が提供するサービスAdaptiveを導入することによって、人件費予測をシステム化することが可能となり、今までエクセル管理では難しかった様々な業務管理の煩雑な作業から効率化が図れます。

具体的な効果は、下記の通りです。

(1)個人名での管理が可能に

(2)組織変更も一覧表で一括メンテナンスが可能に

(3)組織変更前後のバージョン管理が可能に

(4)実績との突合も自動化へ

<お客様のコメント>

当社のコストを大きく占める人件費の予算と実績のズレがAdaptiveを導入してから0.5%と過去最少となりました。総従業員が2,000人近くいるため今回の業務向上におけるインパクトは絶大です。各部署は正確に利益追求できる土台にやっとたてました。

(東証1部企業 サービス業 経営企画部 マネージャー様より)

◆先着30名様に人件費管理モデルを公開したセミナー動画を無料プレゼント!

この度、資料請求をして頂いた方で先着30名様の方を対象に「人件費予測管理セミナー」の動画を無料でプレゼント致します。こちらのセミナーではAdaptiveの概要を人件費管理に絞って説明しておりますので、是非この機会に資料請求して頂ければと思います。

<セミナーのアジェンダ>

(1)人件費予測はシステム化されにくい“3つの理由”

(2)人件費予測を仕組化する“5つのメリット”

(3)人事異動や兼務による人件費配分をどう管理するか?

(4)予算と実績の突合せ方法は?

(5)組織変更にどう対応するか?

また、こちらの「人件費予測管理セミナー」の動画に加えて、実際に業績見通しの誤差が1%未満となった、上場企業のインタビューレポートも特典で差し上げます。

下記のURLから資料をご請求頂き、題名には「人件費管理ノウハウを希望」とご記載ください。

資料請求URL  : https://adaptive.sw-lp.com/

応募期間   : 2020年7月3日(金)23:59まで

対象者    : 資料請求頂いた方の内、先着30名様

プレゼント内容: ・人件費予測管理セミナー動画

         ・上場企業のインタビューレポート

※資料請求特典の受領後、メール配信はいつでも解除できます。弊社から強引な勧誘や営業活動は一切行いません。

◆Workday Adaptive Planningとは何か?

「Workday Adaptive Planning」(※旧製品名:Adaptive Insights)とはクラウド型の業績管理システムで、これまで主にエクセルで行われていた予算編成・業績予測管理業務などの予算実績管理をクラウド上でデータを一元管理することにより、数値集計や対前年比算出などの業務の効率化を図り、スピーディな帳票の作成を可能としたサービスです。

累計5,000社の導入実績を持ち、マイクロソフト社、コカ・コーラ社などグローバル企業でも採用されており、Gartner社が実施した予算管理クラウドシステムのユーザ利用評価調査で第1位を獲得しております。

ガートナー評価

◆参考リンク

本当に導入効果がAdaptiveにはあるの?

国内上場企業4社の現役担当者が“顔出し”で、Adaptive導入後の効果を証言。

・無料レポートの特典/資料請求

URL: https://adaptive.sw-lp.com/

・業績管理クラウドAdaptivePlanningの早わかり動画!

URL: https://youtu.be/PRNtQRo-lQM

■会社概要

商号  : Shearwater Japan株式会社

代表者 : バソ・バティスト

所在地 : 東京都千代田区神田錦町3-21

設立  : 2012年5月8日

事業内容: クラウドシステムの販売、コンサルティング、導入支援、開発、保守

URL   : https://www.shearwaterjapan.com/

Posts created 76357

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top