『Wear for Sustainability』と当社プライベートブランド『BLUE STANDARD』協業商品が水曜朝活テレビ“MB(エムビー)の俺のドラ1”にて紹介

株式会社ジーンズメイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:冨澤茂、以下ジーンズメイト)のプライベートブランド『BLUE STANDARD』と、株式会社コイケ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:小池義仁、以下コイケ)の展開するサステイナブル(持続可能な)な服づくりをコンセプトとした『Wear for Sustainability』(商標登録申請中)の協業商品が、2020年9月16日(水)、日本を代表するファッションアドバイザーMB氏の番組である水曜朝活テレビ“MBの俺のドラ1”内で取り上げられましたことをお知らせいたします。


今回の、ジーンズメイトとコイケの“サステイナブルな服作りを目指す協業”は、7月末に発表され、その取組みが一部メディアでも取り上げられるなど、ファッション業界にとどまらず大きな話題となりました。
そういった動きに対し、元々ファッション業界におけるサステイナビリティーに関心の高かった、MB氏の目に留まり、同氏が出演する水曜朝活テレビ“MBの俺のドラ1”でも紹介され、『Wear for Sustainability』の取組みや、『BLUE STANDARD』の品質自体への高い評価を得るとともに、放送直後より数多くの問い合わせを頂きました。

■コイケが展開する『Wear for Sustainability』について
コイケでは2年前より、サステイナブル(持続可能な)な服づくりを追求する取組みを『Wear for Sustainability(=ウェア・フォー・サステイナビリティー)』(商標登録申請中)という名称で進めてきました。環境破壊、劣悪な労働環境、大量廃棄などファッション業界の抱える様々な問題に対し、主に生産面からアプローチし、世界基準での服づくりを行っております。
素材にはGOTS(グローバル・オーガニック・テキスタイル・スタンダード)、OCS(オーガニック・コンテント・スタンダード)などの国際認証を取得したオーガニックコットンや再生繊維などを使用、染色では同GOTSやエコテックススタンダード100の認証を受けた染色工場を使用しています。
生産工場は就労時間や災害補償などについての行動規範を示すBSCI(社会的法令順守イニシアチブ)の基準をクリアしている工場に限定し、省エネや排水設備などで環境に配慮した建物に与えられるLEED認証を取得しているか、または明確な社内基準があるのかを基準にしています。
※『Wear for Sustainability』の取組みに関するお問い合わせ
株式会社コイケ TEL:052-955-5102


■会社概要
商号:株式会社ジーンズメイト
代表者:代表取締役社長 冨澤茂
所在地:東京都渋谷区富ヶ谷1-49-4
設立:1960年10月
資本金:23億3,838万円
事業内容:カジュアルウェアの販売
公式サイト:http://www.jeansmate.co.jp/
Facebook:http://www.facebook.com/JEANSMATE
Twitter:https://twitter.com/JEANSMATE_Co
Instagram:https://www.instagram.com/jeans_mate/

商号    :株式会社コイケ
代表者   :代表取締役社長 小池義仁
所在地   :愛知県名古屋市中区丸の内3-7-19 法研中部ビル-3F
電話番号  :052-955-5102
設 立   :1975年8月
公式サイト :https://www.koike-1975.com/
Instagram :https://instagram.com/wearforsustainability



Posts created 21869

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top