バス車内の抗ウイルス・抗菌加工について

 京阪京都交通株式会社(本社:京都府亀岡市篠町篠向谷10番 代表取締役社長:阪本和宏)では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として換気や定期的な消毒など、お客様に安心してご利用いただけるよう対策を実施しています。

 このたび、これらの対策に加えて、日頃、ご利用いただいているお客様に一層安心してご乗車いただける車内環境整備として、京阪京都交通のバス車両全車に抗ウイルス・抗菌加工を実施します。

 詳細は下記のとおりです。

 

1    対象車両     

    全116両(2020年10月7日現在)     

  【乗合:83両 乗合(高速バスタイプ):20両 貸切:8両 特定:5両】    

2    実施期間     

   2020年9月30日(水)から順次     

   乗合83両については、11月上旬に完了予定です。     

   ※今後導入する車両についても抗ウイルス・抗菌加工を実施します。    

3    実施内容     

   手すり・つり革・座席グリップ・ひじ掛け・運賃箱・整理券発行機・ICカー    ドリーダー・壁面・天井等、お客様が手の届く範囲内に抗ウイルス・抗菌剤を    噴霧加工します。     

   また加工済車両については以下のステッカーをバス車体・車内に掲出します。

4     今回使用するコーティング剤について     

  バス車内に施工するコーティング剤は、シングルナノ粒子径(10ナノメートル   未満)のケイ素、プラチナ等の独自の無機系ナノ素材で、目に見えないミクロ、   ナノレベルの凹凸をコーティングし、菌、ウイルスを破壊するとともに、カビ   の発生を抑制します。    

 

  〔参考〕施工後の以下の効果の目安は約3年です。

      当日施工するコーティング剤の、塗布面の抗ウイルス効果については、JI      SR1756/ISO18071の第三者機関試験により確認されています。   

      参照Webサイト:http://nasc-nano.com/    

  ・抗ウイルス、抗菌効果    

      様々な細菌・ウイルスを破壊し清潔な環境を作ります。また太陽光、電       気光の当たらない暗い場所でも効果を発揮します。    

  ・防カビ、防苔効果

      生育を抑制し、清潔な環境を作ります。また暗い場所でも効果を発揮し       ます。

  ・安全性について

     閉鎖パッチテスト(24時間皮膚貼り付け)において、被験者(全22      名)の皮膚刺激指数0の安全性が確認されています。また食品衛生法上      での安全確認も実施し、お子様が口に入れてしまう可能性がある玩具      (ポリ塩化ビニール製等の製品)に施工しても安全性が確認されています。

  ・効果検証について

     施工後もコーティング効果が持続しているか、テスターを用いて定期的      に検査していく予定です。

                                     以 上

Posts created 76357

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top