ボーダーの無い再生医療の世界へ集え NCRM NICHE特別講演と江戸川ニッシュ賞授賞式を一般公開

NCRM NICHEは、日印再生医療センター(NCRM)が2006年より毎年開催している再生医療分野の国際学術イベントです。医学、工学、薬学などの領域を超えてネットワークを構築させ、新たな共同研究や発見を生み出すプラットホームとなることを目的とし、審査により選抜された優秀な学生や学者を招いて、特別講演、クイズ大会、研究発表などを行います。

第14回NCRM NICHE」は、10月13日~15日まで江東区の芝浦工業大学豊洲キャンパスで開催されます。10月14日には、世界の第一線で活躍するゲスト3名による特別講演会と第2回江戸川ニッシュ賞授賞式の模様、及び受賞者のスティーブン・ローゼンバーグ博士(米国国立がん研究センター)によるスピーチが公開されます。

共催:社会福祉法人江戸川病院, 学校法人芝浦工業大学(SIT)

<開催日程>

開催日  :2019年10月14日(月・祝) 10:35~11:35、15:20~17:50

会場   :学校法人芝浦工業大学 豊洲キャンパス 交流棟6階 大講義室

                 〒135-8548東京都江東区豊洲3-7-5

      駐車場・駐輪場はございません。公共交通機関でお越しください。

参加費  :無料

      日英同時通訳あり

定員   :300名

<スケジュール>

【第1部】10:35~11:35

特別講演「iPS細胞技術を用いた血小板;大規模製造」

京都大学iPS細胞研究所 江藤浩之 教授  

【第2部】15:20~16:20

特別講演「多能性幹細胞を用いたヒトβ細胞発生のモデリング」

トロント大学 生物学部 マリア・クリスティナ・ノストロ 助教授

【第3部】16:20~17:20

特別講演「再生医療とアンチエイジングのための幹細胞」

ケルン大学 神経生理学 ユルゲン・ヘシュラー 教授 

【江戸川ニッシュ賞受賞式、授賞スピーチ】 17:20~17:50

受賞者 スティーブン・ローゼンバーグ博士(米国国立がん研究センター)

<お申し込み> 

WEBまたはメールにて受付中

WEB

メール「氏名(ふりがな)、電話番号、同時通訳機の要否、観覧希望時間帯」をご記入下さい。

参加対象 :再生医療に携わる医師、研究者、学生の方

 

■日印再生医療センター(NCRM)

インド初の日本とインドのジョイントベンチャー機関であり、再生医療分野での研究、トレーニング、臨床応用へのプロトコル開発を行っています。特に再生能力を持った幹細胞、前駆細胞、自己成熟細胞の研究に重点を置いています。

■江戸川ニッシュ賞

異分野の相互交流により、病気の予防、診断、治療を可能にする新しい方法を確立した国内外の医師、研究者を称えることを目的として、 社会福祉法人 仁生社 江戸川病院、及び、日印再生医療センター(NCRM)により2018年に創設されました。第1回受賞者はジェームズ・ティル博士(トロント大学)です。

<本イベントに関するお問い合わせ先>

NCRM NICHE 事務局

Tel:03-5622-3435

E-Mail:niche@nichimail.jp

Posts created 13592

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top