「管理職向け パワハラ行動改善研修(EQ) 体感セミナー」開催のお知らせ

 職場でのパワーハラスメント(パワハラ)防止を義務付ける関連法が国会で成立し、2020年6月に施行される見込みとなっています。(中小企業は2022年4月に施行見込み)今回の改正では、相談窓口の設置や周知・啓発のための研修の実施、当事者のプライバシー保護などが想定されています。
 当社が提供する「管理職向け パワハラ行動改善研修(EQ)」では、これまでご提供してきた「EQ(感情マネジメント力)理論」をもとにパワハラにつながるおそれのある行動=パワハラの種を見つけ、改善していくことを目指します。これからのハラスメント防止施策のご検討に、ぜひご参加ください。
 当社が2018年12月に実施したアンケートによると、パワハラ防止対策を講じている企業のうち四割弱が「対策は不十分」と考えており対策の成果が出ていないという実態がうかがえます。「ハラスメント研修は実施したものの、ストレスチェックの結果が改善しない。」「研修を受けた管理職が『自分は大丈夫』と思い、行動に変化が見られない。」などといった課題をお持ちの企業におすすめの内容となっています。
  
◆概要
会場:株式会社アドバンテッジリスクマネジメント 東京本社 会議室「太陽」
【東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GT タワー17 階】
定員:28名
対象:人事労務・メンタルヘルス/法務・コンプライアンス責任者

◆講演内容
「管理職向け パワハラ行動改善研修(EQ)」のご体験
:EQ(感情マネジメント力)をもとに、パワハラにつながりかねない行動を見つけ、改善をめざす「管理職向け パワハラ行動改善研修(EQ)」を実際にご体験いただけます。

▼詳しくはこちら
11/28(木)東京開催  https://armg.smktg.jp/cc/0x12z5nk

【本セミナーや当社サービス内容に関するお問合せ】
営業企画部 TEL:03-5794-3830

■株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二)
1995年、休職者の所得を補償する保険「GLTD(団体長期障害所得補償保険)」専業代理店として創業。2002年より、日本で初めてストレスチェックを取り入れた予防のためのEAP(従業員支援プログラム)サービスの提供を開始し、現在はストレスチェック義務化に対応したメンタルサポートプログラム「アドバンテッジ タフネス」から、エンゲージメント向上やメンタルタフネス度向上を目的とした組織や個人の課題に応じたソリューションを提供。2010年に(株)イー・キュー・ジャパンより「EQ理論」を軸とした企業の組織・人材開発、教育研修事業を譲受し、「EQ向上研修」や、EQやストレス耐性も併せて測定できる採用検査「アドバンテッジ インサイト」なども提供。生産性向上とリスク対策支援として、メンタル・フィジカル両軸を捉えた総合的な健康経営プラットフォーム事業を展開している。2017年12月に東京証券取引所 市場第一部銘柄に指定。

Posts created 64199

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top